第一線で活躍する専門家が登壇! 漢方セミナー『漢方を取り巻く医療経済・政策と今後について』

Description
超高齢社会を乗り切るために漢方はどのような役割を果たしていくか、古来から親しまれ馴染みのある漢方が、今、新たな局面を迎えています。漢方は社会保障の課題を解決できるのか、ビックデータを用いた漢方の分析等の最新の取組を交えつつ、第一線で活躍されるこの分野の専門家が一堂に会し、漢方について熱く語ります。

また、一般社団法人漢方産業化推進研究会の会員による漢方関連事業の出展も同時開催致します。

ーーーーーーーーーーーー
 このような方々におすすめ
ーーーーーーーーーーーー
  • 漢方の産業化に興味ある企業の皆様
  • 生薬を利用した新規事業等を検討されている企業の皆様
  • 漢方に興味ある医療従事者の方 
  • 漢方、医療政策を研究されている方 など

ーーーーーーーーーーーー
 講演プログラム
ーーーーーーーーーーーー
1. 開催のあいさつ
渡辺賢治 一般社団法人 漢方産業化推進研究会代表理事

2. 講演
(1)社会保障の課題と漢方の役割
   鈴木 康裕氏 厚生労働省医務技監
(2)ビッグデータを用いた漢方の効果及び費用分析
   康永 秀生氏 東京大学大学院医学系研究科教授
(3)漢方ビッグデータの可能性
   渡辺 賢治 一般社団法人漢方産業化推進研究会代表理事・慶應義塾大学環境情報学部教授医学部兼担教授 

3. パネルディスカッション
テーマ:漢方を取り巻く医療経済 取組と課題

パネリスト>
鈴木 康裕氏 厚生労働省 医務技監
康永 秀生氏 東京大学大学院医学系研究科 教授
坂巻 弘之氏 東京理科大学経営学部 教授
宮田 俊男氏 大阪大学産学共創本部 特任教授・医療法人社団DEN 理事長
渡辺 賢治 一般社団法人漢方産業化推進研究会 代表理事



◆日 時 2018年12月19日(水) 【講演】14:00~16:00 【展示】13:30~16:30 (受付13:30より)
◆場 所 東京都港区三田2-15-45
     慶応義塾大学三田キャンパス 北館ホール
◆料 金 ¥10,000 
◆定 員 150名
◆主催:一般社団法人漢方産業化推進研究会
漢方の産業化をテーマとして薬草栽培から製品化や医療周辺機器・システムの開発、さらには海外展開をも見据えた組織として発足した団体です。我が国の漢方分野のバリューチェーン全体を対象とし、事業化支援、政策提言、調査研究、並びに情報発信を通じて、産業化を推進します。
◆キャンセルポリシー
受付後のキャンセル・返金はお受けできません。
◆個人情報保護方針
一般社団法人漢方産業化推進研究会は、皆様からお預かりする個人情報に関して、お申し込みの講座運営およびそれに関わるご連絡以外の目的には使用しません。また、皆様の個人情報を無断で第三者に提供することはございません。なお、(株)三菱総合研究所へ、一部業務を委託しており、その業務の一部である参加者管理・参加費回収をPeatix Japan(株)に委託しております。
Wed Dec 19, 2018
2:00 PM - 4:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
慶応義塾大学三田キャンパス 北館ホール
Tickets
参加チケット(一般) ¥10,000
参加チケット(漢方産業化推進研究会会員)

Combini / ATM payment will be closed at the end of Dec 18, 2018.

Venue Address
東京都港区三田2-15-45 Japan
Organizer
漢方産業化推進研究会
10 Followers
Attendees
17